キリンジの愛のCodaを考察

音楽

春に別れを歌っているんでしょうか。夏の恋はついに冬を超えられなかったようです。
冒頭、夏の彼女を思いながら傷心の旅に出る様子が描かれています。
歌詞の中には何度となく、「激しく求めた記憶」。灼け付く日差し ひるむ背中 立ちつくした 頬をつたう汗をぬぐい 踏み出せば。彼女に対してひるんでいた自分が、汗をぬぐい踏み出した夏。

自分を無様な塗り絵のような人生と表現しながら
それでも彼女を思い、胸の傷から夕陽が溢れて、今はただ春をやり過ごすだけ。

別れは、愛のしずくのように飛び散った。
今はただ春をやり過ごすだけ。

春は虚ろで浅い眠りが続き、何か区切りをつけるには良い季節なのかもしれない。

村上春樹のノルウェイの森にこんな一節が出てきます。「春の香りはあらゆる地表に充ちているのだ。しかし今、それが僕に連想させるのは腐臭だけだった。僕はカーテンを閉めきった部屋の中で春を激しく憎んだ。・・・生まれてこのかた、これほどまで強く何かを憎んだのははじめてだった。」

無様な塗り絵のようなあの街も
花びらに染まってゆくのだろう。
夏を追いかけて
赤に浸す 青が散る 夜に沈む 星がこぼれたと表現しています。赤は情事、青は成功。愛に戻るチケットを破る意気地も勇気もない。
孤独の友として今でもあなたは美酒を探しているの?
雨に負けぬ花になるというの?
無様な塗り絵のような街でさえ花びらに染まるというのに

春の儚さ、残酷、移ろいやすさなどが余すことなく表現されていると思います。ぼくはこの曲を聞くととても愛されている気持ちになります。キリンジも村上春樹もきっと矛盾を抱えながら、必死に芽吹こうとする春が好きなんだと思います。夏を愛することは簡単ですが、季節から愛されることはもっと重要です。春は混沌としていると思います。冬の寒さが残ったまま覚醒し、どこか朧げ。詩を読もうにも頭に入ってこない。燃え上がった恋を思い出すだけ。いったいぼくはどうすればいいんだと思いながら眠るけど、熟睡できない。そんなやりきれない思いと風を感じながら、

今はただ春をやり過ごすだけ

created by Rinker
¥1,500 (2023/03/25 09:41:51時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました